サーバーの話 -その2-

WEBサーバーについて、昨日のエントリーの続きです。

ホームページの「置き場所」になるサーバー。
いろいろな種類があり、それを提供するサーバー会社によって、仕様や価格も様々。
では、ホームページを作るぞ、となった時に、
どこでどんなサーバーを借りたらよいのか…

ご自身でホームページを制作される方は、
それなりにサーバー選定にあたっても
ご自身で情報を集められることと思います。
なので今回はアドバイスの対象外とさせていただきますね。
ネット上でも、その手の情報は溢れていますから、
ご自身の求める条件にあったものを見つけられることでしょう。

さて、実際には「ホームページ制作業者におまかせ」という選択をされる経営者の皆さんが圧倒的に多いと思いますから、その前提で、話を進めさせていただきますね。

「わかった!じゃあ、どこの会社のどのプランが一番いいの?」
そんな声が聞こえてきそうですが…
これなら絶対一番いい!というものは無くて、
自社が制作しようとしてするホームページの内容によって、最適なサーバーは異なるものなのです。

・仕様(どんなシステムをベースに、どんな構成にし、どんな機能をつけるか等)と規模
・更新頻度
・期待されるアクセス数
・誰が今後運営やメンテナンスを担当するか
・ホームページの役割をどうとらえるか

ああ、またちょっとややこしくなってきちゃいましたね。

一番わかりやすい着目点…
それは「サーバーの容量」あたりかもしれません。
膨大なページ数で高解像度の画像や動画や音声もバンバン掲載しちゃうようなホームページを作るなら、容量十分で通信制限の心配もないプランを選ばなければアウトだろうな、と、どなたでも見当がつくのではないでしょうか。
そして、容量が十分で制限が少なく、機能も充実している…そんなサーバープランは、そうでないものと比べレンタル料もお高くなるだろうということも想像がつきますよね。

ところが、実際には、次のような悲劇が起きていたりします。

・安くてお得なプランということで契約したが、
 制約が多く、思っていたようなホームページを設置できなかった。
 結局、他の業者で、別サーバーを借り、もう一度作り直すことになった。

・業者お任せのお勧めセットプランで、
 高スペックのサーバーと自社で更新もできるCMSってのを契約したが、
 月額費用が3~4万円(途中解約できないリースのことも)と、
 かなり高価(というのも後で相場を知って気付く)。
 しかし、よく考えてみたら掲載ページは文章を中心に5ページ程度。
 更新操作もイマイチわからず、結局ほったらかし。

・月額無料で使用できる無料ホームページサービスを利用して、
 最初の制作だけ業者にしてもらったけれど、
 そのサービスが提供終了となってしまった。
 データのバックアップがとれない利用条件だったようで、
 他のサーバーに引っ越しもできない。

つまり、
「業者にとって都合のよいサーバープラン」や
「とにかく安い(または無料)セットプラン」を、
そのままノーチェックで受け入れてしまうと、
よろしくないことが起きてしまうわけです。

bsfreee151108338584

じゃあ、何をチェックすればよいか、ですが…
ずばり、その業者さんに次のような質問をしてみてください。
契約書にハンコを押す前に!

「サーバーは、どこの会社のどういった内容のプランを使うの?」

「そのサーバーは、うちのホームページに合っている?
 あと後、実現できなくて困るような制約はない?
 もしくは、オーバースペックすぎたりはしない?」

「あと後、別のサーバーにデータを移すことは可能?」

「他のサーバーを使った場合の見積提案も出してみて」

さも、サーバーのことも知ってるんだぜ~という感じで、
サラッと質問してみてくださいね。

業者の営業マンの目が泳ぎだしたり、
お返事がモゴモゴして、
説明もできないようであれば、
別の業者さんをあたったほうが良いかもしれません。

さらに、もっと簡単な方法もあります。

「必ず複数の業者から見積提案を取ること」です。
知り合いでホームページ運営に上手くいっているところがあれば、
「一度、まずは相談だけさせて」と、
そこが依頼した業者を紹介してもらうのもよいでしょう。

あれ? 相見積もり、紹介、普段はよく使う手段ですよね?
しかし、なぜかホームページだのサーバーだの言われると、
わけのわからないままに、お任せしちゃう方が多いのが現実。

皆さま、どうぞお気をつけください!
それでも、迷った時は、弊社にご相談くださいね。


関連記事

  1. 海外へ販路開拓&販売促進

  2. ドメインやサーバーのお引越し

  3. Facebookの「Like Box」6月に提供終了予定

  4. 創業すると、やってくるもの

  5. サービス終了の可能性も視野に

  6. 「客寄せ品」がバカ売れする時代