中小企業、個人事業主様の身近なIT活用相談窓口。販売促進や業務改善、各種販促ツール制作(ホームページ制作、チラシ等)のことならポイント・フォワード(愛知県岡崎市)

ホームページ制作

弊社では、中小企業・個人事業主様の広報・PR力強化の一環として、ホームページ制作も承っております。クライアント様の業種や業態を限定せず対応しております。

IT導入補助金の活用についてもサポート可能です。当社は同補助金の申請代行対応可能な「IT導入支援事業者」登録社で事前コンサルティングと導入サポート付きホームページ制作サービス「FITホームページ」が補助対象になるITツールとして登録を受けています。

<制作実績業種の一例>
自動車販売、部品製造、卸売、飲食店、美容サロン、福祉施設、各種士業、運送、建設、不動産、住宅設備、ネット通販、教育機関、食品製造小売ほか

まずは、初回無料相談をご活用ください。

弊社では必ずしも、「ホームページを新たに作ること」だけをお勧めすることは致しません。まずは、→初回無料相談をご利用頂き、なぜホームページ制作をご検討されているのか、期待される効果は何かなどをお聞かせください。そのうえでご提案やお見積りを差し上げます。

  • 目的や効果を実現するのに必要なツールをHP以外のものも含めてご提案します。
  • HPは機能やページ数等、お客様の目的・用途に最適な構成をご提案しお見積り致します。
  • 開設後のコミュニケーション手段やサポート範囲についても検討し、運営にお困りにならないような形をご提案します。

そのホームページ「本当にいま」御社に必要ですか?

開業したからとりあえずホームページも…ネット通販機能付のホームページで販路拡大を…と、開設を検討される方もいらっしゃいますが、御社にとって「本当に・いま必要なもの」でしょうか?「無いよりはあったほうがいいだろう」とコストを費やしても大丈夫でしょうか?
こんなにいらない
弊社では次のようなケースも視野に入れてご提案しています。

  • これから目指す事業規模や期待される効果により、ホームページではなく、まずはブログやSNSなどの代用で十分なケース
  • 自社ネット通販サイトをご検討中の場合、事業規模や取扱い商材、市場環境などによっては、自社構築ではなくショッピングモールサイトの活用が妥当なケース
  • 現在お持ちのホームページの掲載内容や機能の一部を見直すだけでも十分なケース
  • 現在利用中のブログやSNSの掲載内容や他のツールとの連携方法を見直すだけでも改善できるケース

「丸投げは失敗のもと」一緒に検討を。

実は弊社に寄せられるITツールに関するご相談の中で最も多いのが「せっかくコストを掛けたHPが使い物になっていない」というものです。
ヒアリングしながら拝見してみると、見た目は整っていても掲載内容や魅せ方、他のツールとの連携などの点で不十分なことが大半です。眼を引くアニメーションや機能は満載なのに肝心な点がズレている、伝えるべきことが伝わらない、そんな例もございます。「よくわからないから」と制作専門業者にお任せで勧められるままに作ってしまうと、上記のような結果に陥りがちです。マーケティングの視点を持ち御社のことも十分理解してくれる業者であれば、このようなことはあまり起こりません。しかしいずれにせよ「丸投げ」はしないほうが得策です。

たとえ専門知識がなくても制作内容を一緒にしっかりと検討されることをお勧めします。
またその際は、次のような点にをぜひご留意ください。

  • 御社がホームページに期待する効果や希望を繰り返し伝えること
  • どのようにその効果や希望を実現してくれるのかを確認すること
  • 提案された掲載内容や機能が、自社のコンセプトや対象のお客様の特性とズレていないかチェックすること
  • 提案された構成や掲載内容がオーバースペックなものではないか、費用対効果をチェックすること
  • 開設後、掲載内容や機能の追加・変更はどこまで可能か費用を含め確認しておくこと
  • 開設後の運営はどのようになるか確認しておくこと
  • その他、わからないことはどんどん質問すること

「開設後の運営面」も考えて。

例えば、自動車を購入する時をイメージしてみてください。大きさや燃費、荷物スペース、運転のしやすさ、外観や室内装飾など…購入後の運転や駐車スペース、用途などを考えながら検討されると思います。また会社の事務所を検討するときもそうではないでしょうか?規模や用途、維持費、メンテナンス、立地、構造、賃貸にするか自社社屋を建てるか…などは、何年か先まで見据えて決められることでしょう。ホームページもこれらと同様、開設後のことを考えておく必要があります。内容を練り上げて開設したホームページであっても、開設後の運営次第で期待していた効果を得られないこともあるのです。
こんなはずでは

「こんなはずでは…」とならないよう、開設後の運営についても、コスト面を含めぜひ事前に検討しておきましょう。

    • 社外に依頼する場合の、更新・メンテナンスコストは妥当か(費用対効果)
    • 開設後、何か困ったことがあったら気軽に相談できる業者か(コミュニケーションレベル、距離等)
    • 初期費用は安くても、ランニングコスト(月額サポート料、サーバー使用料等)の負担が大きすぎないか

※特に、途中解約できないリース契約のホームページ制作サービスのご利用は慎重にご検討を。
※弊社では、自社で更新や日々の情報発信がしやすいCMS型のホームページを主にご提案しています。

以上いろいろとご案内致しましたが、弊社では以上のようなポイントを押さえながらご相談者様と一緒にホームページまたはその代わりに活用できるツールを検討させて頂きます。
まずは、→初回無料相談からお気軽にご相談ください。弊社で制作し稼働中の事例等につきましてもご相談の際にご案内させて頂きます。
また、弊社でご採用の多い構成と事前コンサルティング、導入・活用サポートをセットにしたパッケージ商品「FITホームページ」もご用意しておりますのでご参照ください。
会社やお店に狙いにフィット。FITホームページ

     
Copyright©Point-Forward All Rights Reserved.