記録の分析と活用

皆さんは、
日々欠かさず記録しているようなことってありますか?
最近ですと、スマホの健康管理アプリで、
毎日の食事や血圧などを記録している方は
多いかもしれません。

かくいう私も、一時期はダイエットアプリに、
毎日、体重・体脂肪・骨密度を記録していたときがありました。
しかし、1日、2日と入力できない日が続き、
半年も経たずに記録は途絶えて…そのまま放置状態です。
何事も継続は難しい…。

3255151

ところが一方、
きちんと継続できる性格というか資質の人もいますよね。
例えば、うちの親類の70代の女性は、
日々自分の決めた十数種のトレーニングメニューをこなし、
体重、血圧、体脂肪などの測定値のほか、
起床就寝時間(睡眠時間)など10項目程度を表にして、
毎日記入しています。
この記録を5年以上前から欠かさず継続しているというから恐れ入ります。
また、体にちょっとした違和感や不調を感じたときには、
記録を見返しながら最近の生活を振り返ると、
その原因も検討がつくのだそうです。
原因がわかれば改善・調整も的確に早めに行えますよね。

そういえば、客観的なデータ無しに、
曖昧な記憶や自分の感覚だけに頼ると、
記憶違いや思いこみから判断を見誤る場合ってありませんか?
ダイエットでいえば、体重や体脂肪の増減を把握せぬまま、

「ここ数週間、食事の量を減らしているんだから、
 たまにはケーキの1つぐらいは食べても大丈夫だろう。
 今日は、車でなく自転車で買い物にいったし!」

なんて、自分の欲望に都合の良い判断をしてしまうようなこと。

これは会社経営でも、同じようなことがいえますよね。
「いつの間にか、なぜだか、うまくいかなくなった」
そんな事になる前に、
毎日の― とまではいかなくても
一定の間隔で定点記録した客観的なデータは
大いに活用すべきでしょう。

しかし、毎日の業務をこなすのに必死で、
あれもこれもとデータを記録している暇なんてない、という場合は、
どんなデータを取れば有効活用できるのか検討の上、
必要最小限の記録を実施してみてはいかがでしょうか。

「いやいや、それも、難しいんだ」

そう思われた経営者の皆さん、
ならば外部の第三者の力を借りて定期的にチェックをしてもらう、
という方法もありますよ。
例えば、弊社でもそのお手伝いができます。
どうぞお気軽にお声掛けくださいね。


関連記事

  1. まずは、認めることから

  2. 迷惑メール対策

  3. 10月に届く!「マイナンバー」

  4. オムニチャネルって何?(3)

  5. ポモドーロテクニックでクリア?

  6. 誤解を招く〇〇