ロゴって大事ですよ~!

企業や団体のシンボルともなる「ロゴマーク」。

logoetc

「うちのような業種ではロゴなんて無くても支障ない」
というご意見も時々伺いますが(特に小規模な事業者さん)、
私は、規模や業種に関わらず、やはりロゴは、
簡単なものでも良いので、作られることをお勧めします。

その理由は、3つあります。

◎ロゴを作ることを機に、
 自社のブランドイメージを検討できるから

◎資料や販促物に統一したロゴ(記号・シンボル)を使用することで、
 (お客様、取引先等の)記憶に印象が残りやすく、
 どの媒体においても自社のイメージを統一しやすいから

◎無いよりは、あったほうが断然、信頼度は増すから

「うちは、小さな会社。ブランドなんて、大げさな~!」
とおっしゃる方も結構いらっしゃいますが、
ブランドって、なにも高級品を扱っている企業や大企業だけが持つものではありません。
どんなに小さな事業者さんでも、
それぞれに個性・特性・強み・お客様に伝えたいメッセージなど、
他社と差別化できる点はあるはずです。
それらをお客様をはじめとする外へ向けて伝えることができるのであれば、
もう、それは十分「ブランド」といえます。

で、話は戻りますが、
ロゴマークは、やはりあったほうがいいと思うのです。

「必要性はわかった!では、どうやって作れば?」

はい。そのようなご質問もよく頂きます。

プロのデザイナーさんに頼めば、
クオリティの高いロゴマークを作ってもらえますが、
費用もそれなりに掛かりますよね。
もし、そんな余裕はないということであれば、

デザインが得意な方ならご自分で作っても良し、
その道に長けた知人に頼んでも良し、です。

但し、色んな媒体にロゴを掲載しやすいように、
画像のデータ化だけは、できる方に頼むとよいです。
名刺作成を依頼した印刷屋さんや、
看板屋さん、HP作成業者さん等なら、
(多分)ついでにやってくれると思います。

また、最近では、
クラウドソーシング(ネット上で外注してくれる人を探すサービス)で、
希望のイメージを添えてロゴデザインのコンペをすれば、
比較的安く、しかも沢山のデザイン提案をしてもらえます。

クラウドソーシングサービスの有名どころを
下記に紹介しておきますので、興味のある方はご参照くださいね。

↓ランサーズ
http://www.lancers.jp/

↓クラウドワークス
http://crowdworks.jp/

知らない人にネット上のやりとりだけで外注依頼するのは不安…という方は、
弊社でクラウドソーシングの活用サポートをすることもできますし、
お近くで顔を見て打合せができるデザイナーを紹介することも可能ですので、
ぜひお気軽にお問い合わせください。

→ → →お問い合わせ・ご相談予約(初回無料)はこちらからどうぞ!


関連記事

  1. 7/9(土)あなたもチャレンジしてみませんか?

  2. アンダードッグ効果

  3. まるで別のお店に

  4. 我が子にアドヴェントカレンダー

  5. 貯まる?溜まる?「残念ポイント」

  6. 要対策!Googleがスマホ最適化アルゴリズム発動