これって自慢してもいいコト?

自慢できることといえば、
図太さと健康ぐらいのこの私。
実は最近もう一つ、ちょっと自慢してもいかな?
という点が見つかりました。

人の自慢話ほど読んでつまらないものは無いとは思いますが、
数少ない自慢ですので。。。
よろしければお付き合いください!

私のプチ自慢。それは「代弁力の高さ」です!

お通じがよいのも確かですが、
今回自慢するダイベンは“代弁”の方。
漢字の変換ミスではございません。

「代弁力」は辞書にも載っていない造語ですが、
“他人の言いたいことを本人になり代わって表現し、第三者に伝える力”
という意味で私が勝手に名付けてみました。

なぜ、自分の「代弁力」が高いと思うのかといえば、
過去にお客様から喜ばれ、またなんらかの成果を上げられた時には、
たいてい私の代弁力が威力を発揮したときだと気付いたからです。

例えば、販促ツール制作の場面で、
多くのお客様が苦手とされているのが文面原稿づくりなのですが、
これが原因で、希望される制作日程に間に合いそうにないという時が出てきます。
その際、代わりに私が、あくまでも“たたき台”として文面原稿を提案することも少なくないのですが、
この提案がいつも非常に好評なのです。

「そう!これが言いたかったんです!」
「なんで、自分の考えていることがわかったの?!」
「言いたかったことが全て書いてある!」

こういった反応が度々返ってきます。
最初は、単なるお世辞と受け取っていましたが、
最近は、半分ぐらいはホントなんでは...
と思うようになりました(幸せな人ですね)。

bow

こういった原稿提案はもちろん、
プロモーションの企画提案等にしても、

・お客様が実現したいことに向けて、
・お客様からヒアリングした内容を反映し、
・お客様の思いをのせた

そんな提案を心がけています。
というよりも、ヒアリングしているうちに、
どんどんお客様自身になりきってしまうんですよね...。
まるでイタコかのように。
(憑依力も高いのかな?)

さて、そんなわけで、
もしも皆様の中に、
外へ向けて伝えたいことはあるけれど、
「モヤモヤしてまとまらない」
「どう表現すればよいのか、イマイチわからない」
そんな方がいらっしゃいましたら
ぜひ、私の代弁力をご活用ください。

また、お話を聞かせていただくだけでも、
頭の中でモヤモヤしていたことが、まとまってきた!
ということが、よくございます。
どうぞお気軽にご相談くださいね。

→初回無料相談はこちらから!


関連記事

  1. 聞いてる?愛される理由

  2. トイレと駐車場

  3. なぜ、こうなる。

  4. 伸びない当たり

  5. あうっ!

  6. 夜のお散歩