「LINE@」開設しました。

今や世界で5億人以上のユーザーがいるというSNSサービスのLINE(ライン)。
このLINEに公開用アカウントの「LINE@(ラインアット)」というサービスがあります。
LINE上にビジネス用の広報窓口をひとつ設けられる、
もしくはLINE上にコミュニケーション機能付のホームページのようなものが持てる、
そんなイメージに近いものです。
通常のLINEには無い機能を活用して、
お客様との接点を増やしたり・情報を効果的に届けること等ができるため、
ビジネスに活用し効果を上げているお店や企業も少なくはありません。

image

さて、これまで「LINE@」を開設できるのは、実店舗を持っていること等、
LINE@のガイドラインの条件をクリアできるお店や企業に限られていました。
ちなみに弊社の場合は、
実店舗はありませんし、コンサルティングサービスを提供している業種のため、
ガイドラインから外れてしまい、開設は不可でした。
しかし!先週2/12から個人・法人を問わずオープン化され、
誰でもLINE@を開設できるようにルールが変わったのです!
→法人・個人問わず、月額無料でLINEを対外的なコミュニケーションやビジネスに利用可能

ならばやるのみ!
早速弊社のLINE@アカウントを開設してみました!
スマホを使って1、2分で開設完了でした。

↓こちらのQRコード読み取りでアクセスできます
image

とりあえず開設しただけでコンテンツはからっぽですが、
今後少しづずつ充実させ、活用していきたいと思っています。

なお、今回のオープン化で、
LINE@には、アカウント種別というものが設けられました。
種別は「一般アカウント」と「認証済みアカウント」の2つ。
審査が必要な「認証済み」の方が、カテゴリーリストに表示される等
ビジネス活用に有利な特典があります。
この審査ガイドラインは、ほぼ以前のLINE@開設ガイドラインと同様で、
まず実店舗を持ってないと不可です。
つまり、弊社のLINE@は一般アカウント。
ちょっと悔しい気分ですが…
一般でもできる範囲で活用の道を探ってみたいと思います。

もちろん、実店舗をお持ちの事業主の皆さんは、
ぜひ「認証済みアカウント」を取ってご活用ください!
操作方法や具体的な活用方法については、
弊社でサポートも可能ですので、
お気軽にお声かけくださいませ。
(もちろん、LINE経由でもOKです!)

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)


関連記事

  1. 確かに解りやすい!ストーリープレイスメント

  2. 動画で見える化

  3. パソコンは寒さにも弱い

  4. こんな取材はお断り

  5. 益々増々「頂きマス」

  6. リピ―ター獲得の秘訣