想像させてくれる店員さん

街中で待ち合わせをしていて、
まだ時間に余裕があるときなど、
特に用が無くても家電量販店を見てまわることがあります。

さて、家電量販店で
特にパソコンや携帯端末のコーナーなどで立ち止まっていると、
店員さんが接客のため近づいてくることがありますよね。
こんな時、私は買う気など無くとも商品説明を全力で聞くことにしています。
(なんて迷惑な人…でも向こうが声を掛けて来た場合のみですのでご容赦を)

全く同じ商品について説明される場合でも、
店員さんによって、説明の進め方やわかりやすさ等が違うので、
結構勉強になるものです。

例えば先日、名古屋の大型家電量販店で対応してくれた男性店員さんは、
日本語の発音はイマイチでしたが(名札の名前から推測すると中国の方かと)
ノートパソコンについて、技術的なことを的確に説明してくれる方でした。
スペック表に書いてある用語がどういう意味なのか、素人さんにもわかりやすいように説明されていたので感心してしまいました。

また今日は、別の店舗で前出と同じノートパソコンの説明をしてもらいました。
今度は若い女性店員さんの接客です。
この方の場合、ほとんどパソコン用語やは使わず、性能についても数字では表現しませんでした。
実際にそのノートパソコンを使うシーンを想定した説明が中心だったので、私がそれを使うとどんなに便利になり満足できそうかが想像され、あやうく買ってしまいそうになりました。

image

そのシーンを想定した説明とは、
例えばこんな風でした。

「ご自宅で動画をご覧になりながら、ネットで検索したり別の作業をされることが多いのなら、(実際にパソコンに複数の画面を表示してみせ)こちらの画面サイズが大きいタイプが見易く使いやすいですよ。実は私もそういう使い方をよくするんです。買う時に私も悩んだんですが、このサイズのものを選んで良かったですよ。快適です♪勿論、パソコンをよく外に持ち出されるのなら、小さいほうが便利ですけど、お姉さんはどちらの使い方が多いですか?」

まず、私にとって”お姉さん”という問いかけ方も加点ポイントでしたが、
とにかく説明というよりも普通におしゃべりしている感じに好感が持てました。
難しい話が出てくるとストレスを感じて、
帰りたくなっちゃうこともありますよね。

お客様の想像を促し、買う気にさせられるような商品説明って、
なかなか出来ないものです。
今日も勉強になりました。
かわいい店員さん、ありがとう!
(なのに、買わなくてごめんね…)


関連記事

  1. 選ばれるのはどっち?

  2. おせちのトレンド

  3. 何を使って伝えるか

  4. ついに来た!SP4

  5. コンテンツは、バズればいい?

  6. 大きければいいってもんじゃないさ。