現実的な提案

昨日、TVニュースで「異才発掘プロジェクト ROCKETの開校式」
のようすが報じられていました。
同プロジェクトの目的は
“突出した能力はあるが,現状の教育環境に馴染めず,
 不登校傾向にある小・中学校生を選抜し,
 継続的な学習保障及び生活のサポートを提供することで,
 将来の日本をリードする人材を養成すること
同プロジェクトWEBサイトより)”
今回、全国で600人の応募者の中から
突出した能力を持つ15人の子が選抜された、ということでした。

「その子の能力に相応しい教育の場を設けるなんて、素晴らしいじゃないの」

そんなことを呟きながらTVを見ていた私ですが、
最近ごく身近な”教育の場”であったことを思い出していました。

kyoushitu

先日、我が子の中学で行われた三者面談のこと-

生徒達に大人気の先生が笑顔で迎えてくれました。
若手ですが、なかなな信頼できる先生です。

面談の話題は学校生活のことから始まり、
期末テストの振り返りへと移りました。
娘の苦手科目である数学の順位が、
今回ちょっとだけアップしたことに着目して、
担任の先生が本人に、こう問いかけました。

「今回のテスト勉強では、どんな工夫をしたのかな?
 良かったと思うところは次にも活かせるといいね。
 克服できなかったところは、ハッキリさせておこう。
 次回、そこを改善できるとさらに成績上げられるからね」

(うむ。ごもっともなアドバイス!)

本人の回答は、こんな風。

「計算が遅くていつも時間が足りなくなるから、
 計算問題を繰り返しやりました。
 基礎的な問題は、いつもよりできたと思います。
 でも、応用問題が全然だめでした」

これを受けて先生…

「応用問題は、数をこなして慣れていくしかないね。
 教科書や学校で使っているテキストは、基礎的な問題が中心だから
 塾で出してもらうプリントなんかを活用するといいよ」

おや?と思い、私も横から質問。

「あの~。塾へは行ってないんですが、
 学校の授業と宿題だけで対策するのは難しいでしょうか?」

先生は、笑顔でこう即答してくれました。

「市販の問題集を活用するという手もありますが、
 塾はテスト対策で、いろんなパターンの応用問題を
 数多く出してくれますからね♪」

「は、はぁ…なるほど(困惑)」

まさか、公立中学の先生から塾活用のメリットを聞かされるとは。
漠然と(塾 < 学校)という妙な先入観を持っていた私は、
少し違和感を覚えました。

しかし、改めて考えてみると
この先生、『現実的な提案』をしてくれたんだと思います。
ちょっと、無防備というか正直すぎる気もしますが(^^;)。

学校の先生は、昔よりも研修や事務作業が増えて超多忙と聞きます。
ひとり一人の生徒に合わせた学習指導は難しいのが現実でしょう。
そして、その現場にいる先生は、
学校だけで可能な指導の限界について、よくわかっているはず。

親も、「自分の頃は、こうだった」等、過去のデータや経験に基づき
「学校は、先生は、こうあるべき」という先入観に囚われていては、
目前の課題に対してベストな対策なんてとれませんよね…。

さて、企業の『課題解決』においても、
過去のデータや豊富な経験は、もちろん活用すべきですが、
先入観に囚われず、現状を見つめた上で対策を練ることも必要ですよね。

決して目の前の現実から目を逸らしては、いけません!

mizaru

さあ、どうしようか…塾。


関連記事

  1. 電子機器導入時の盲点

  2. マッチポンプ商法

  3. 見方を”ちょっと”変えて発想してみる

  4. あなたも、ね。

  5. 売上金額以外にもチェックしたいこと

  6. 選ばれるのはどっち?