ツールづくりで見えてくるもの

最近立て続けに、販促ツールの制作ご依頼が入りました。
具体的には、ちらしやパンフレットなのですが、
どの案件でも制作のお手伝いをしていると、
毎回共通して感じることがあります。

それは、こういったツールづくりを通じて
「経営者の方の考えや方針がより明確になる」
ということです。

当然ながら経営者の皆様は
集客や会社のイメージアップ等につなげるために
費用をかけて制作依頼されるわけですが、
ご要望を伺い、幾度かの途中校正チェックを経る中で、
これまでぼんやりとしていたことが、
どんどん明確になっていくのです。

限られた媒体の限られたスペースに、
どんな情報を掲載するか決めなければならない。
しかも、それにはお金がかかるのですから、
(ご自身で簡単に手書きする場合と違い)
情報の絞込みや見せ方、
誰に何をどのようにPRするのかといったことを
皆さんより真剣に考え、選択・決断する必要に迫られます。

nannda

これを通じて明確になったことって、
日々経営をされていくなかで他の場面でも、
かなり重要なポイントだったりするものです。

販促ツールづくりって、
おまかせ丸投げではなく経営者がしっかり制作方に
自分の思い・イメージ・狙いなどの要望を伝え、
時には社内の人間と議論を重ねることで、
よりよいモノ、効果的なモノが出来上がります。

しかし、それ以上に、
先に書いたような効果の意味は大きいようにも思います。


関連記事

  1. “のぼり”でPR

  2. お客様の心を知る方法

  3. SNSからヒントをみつけよう!

  4. 「LINE@」開設しました。

  5. 価値を見つける力

  6. デッサンとオウンドメディア活用の共通点