見つけた!引っかかった!けれど…

先月、コンテンツ・マーケティングのスペシャリスト
嶋浩一郎さんのワークショップに参加しました。
(これのことです→ https://point-forward.jp/?p=1675 )

その際に、嶋さん自身はじめ部下の皆さんも実践されている
「顕在化されていない人の欲望(インサイト)を掴む能力」
を鍛えるためのトレーニング方法を教えて頂きました。

その方法とは、
日々、人や世の中の事象を観察することから始まります。
そして、その観察の中から

「今までと何か違うこと」
「違和感を覚えたこと」
「心にひっかかること」

などにクローズアップしていって、

「なぜそんなことがされるのか(起きているのか)」
「そこに本人も気づかない欲望や解決すべき問題が
 潜んでいるのではないか」

と、あれこれ考えを巡らすというものです。
(…だったと思います。はい。)

受講以来、私もこのトレーニングを
電車に乗っているとき、
街中を歩いているとき、
ショッピングをしているとき などに
実行するよう心掛けています。
(忘れることもありますが)

今日も、電車に乗った際にトレーニングを実行。
しかし、観察してみても、
「皆、スマホをみてるよな~」と凡庸なことを思う程度で、
「ん?これは?!」ということは、なかなか見つかりません。
ひとつだけ気になったことといえば、
「立ったまま書類に書き込みをしているビジネスマン」。
それも、何かに寄り掛かることもなく、
非常に不安定な状態で書いている、そのことに違和感を覚えました。
しかし、ここから「顕在化されていない何か」
を探り当てるところまでは辿り着けませんでした。
う~む、まだまだ修行が足らん…。

さて、夕方仕事を終えての帰り道、
ちょっとだけ寄り道をして駅前の店で
たこ焼き1パックを買い終えたときのこと。

後から小走りでやってきた
綺麗な若い女性(木村カエラ似)が、
涼しげな顔でこんなオーダーをしていました。

「みたらし1本ください」

mitarasi

(な?なぬ?1本?)

注文を受けた店のおばちゃんは、
聞き返すかと思いきや
「はいね」といってサッサと団子を差し出すという
ごく普通の反応をしていました。
そして、女性は軽やかにみたらし団子1本を手に
去っていったのですが…

これって、最近流行っている行動?なのでしょうか?
なんか引っかかる~。
でも、その先に何かを見い出せない…。
やはり、まだまだ修行が足りませんね!


関連記事

  1. 今年の新成人は過去最少

  2. 我が子にアドヴェントカレンダー

  3. “好き”でいっぱいのお店

  4. 嬉しくない”つゆだく”

  5. すごいぞ留学生

  6. 他力活用