大組織の行方

創立100年。
約2万3000人が所属。
組織綱領は次のようなもの。

一、内を固むるに和親合一を最も尊ぶ。
一、外は接するに愛念を持し、信義を重んず。
一、長幼の序を弁え礼に依って終始す。
一、世に処するに己の節を守り譏を招かず。
一、先人の経験を聞き人格の向上をはかる。

歴史ある老舗であり、従業員数でいえば、
ホンダや日産、富士通などに並ぶ(※単独従業員数)規模。
綱領からは高尚な理念と重厚な歴史が感じられます。
聞けば震災の際にも、いち早くこの組織の方々が
現地支援に駆け付けたといいます。
いったいこの組織とは…というと…

そう、現在分裂で話題の日本最大の暴力団 山口組です。

普通の企業でも、
これだけ大きな組織を統制管理するのは、
なかなか大変なことですが、
一筋縄ではいかぬ構成員の皆様を、
統制するのはいかに困難なことかと思います。
しかも、法のシバリで、
資金調達の手段も昔にくらべ制限されるなど、
組織の運営・維持という面でも、
大変な環境におかれていることは、
想像に難くありません。

任侠の世界とは全くご縁のない私ですが、
組織としてこういった苦境をどう乗り越えていくのかといった点で、
今回の分裂騒動のニュースがちょっと気になった次第です。


関連記事

  1. 林先生も筆の誤り

  2. 頼もしい球児たち

  3. ママたちがいっぱい

  4. 大きければいいってもんじゃないさ。

  5. 「祭」で人は育つ

  6. 写真・挿絵に困ったら?