Googleマイビジネス

「あたし、昔だったらこのあたりは
 遠くて一人ではとても行けないところだって思っていたけど、
 今は、結構どこへでも自力で行ける自信があるわ」

今日、買物へ向かう途中の車中で
同乗していた中学生の我が子が
唐突にこんなことを言い出しました。

中学生ともなれば友達とあちこち出掛けることも増え、
行動範囲が拡がるので当然ともいえますが、
話の続きを聞いてみると、その理由は、
「地図を調べるのが得意になったから」だというのです。

行きたい場所があると、
事前にGoogleマップで調べて、
経路と自分がわかりやすい目印を
いくつか確認しておく。

さらに拡大縮小はもちろん
「ストリートビュー」機能を使って
現地風景を写真で見ることで、
いったことのない場所でも
自分が訪れた時をイメージできるとのこと。

但し、彼女はスマホを持っていないので、
自宅で調べたことを記憶するかメモを残す必要があります。
しかし、返ってそれが功を奏し、
地図全体がしっかり頭に残るようです。

さて、確かに紙の地図しかなかったころから比べたら
飛躍的に便利な時代になったものです。
最近では、スマホさえ忘れずに携帯していれば、
初めての場所で人と待ち合わせたとしても、
地図アプリとSNSでのメッセージのやりとりなどで
お互い難なく会うことができます。

また、急遽「この近くで、お茶したい」なんて時も、
ショップ紹介サイトで調べてから
地図アプリのナビ機能を使ってお店へ行くことって、
皆さん結構あるのではないでしょうか?

私は、お茶する場所に限らず、
初めてのクライアント先や施設等を訪問する際に、
よく地図アプリを利用しています。
特にGoogleマップは、毎日のように利用します。
この時、目的の会社名や施設名を検索窓に入力して
直ぐにその場所が示されると、非常に重宝します。

ところが、中にはマップに登録されておらず
住所での検索が必要な場所も少なくありません。
これは、実店舗で営業している場合は特に、
非常に惜しいことだと思います。
だって、Googleマップ上では
「存在しないお店」になってしまうのですから。
これ集客の上では、マイナス要素ですよね。

さて前置きが長くなりましたが、
もし、Googleマップに自店の名前が表示されないならば、
ぜひ「Googleマイビジネス」にご登録を。

gm

登録は無料でできます。

弊社も一応登録しております。
店舗ではなく、こちらから出向く形で営業しているので
しなくてもよいと思われるかもしれませんが、
コンタクトポイントが増えるという意味で
決して無駄ではありません。
実店舗を持たないご商売の方も
ぜひお試しください!


関連記事

  1. そんなもの読まんわ!

  2. 無くちゃダメ?やらなきゃだめ?

  3. 思わぬことで思い知る

  4. 思わぬご依頼に、思う。

  5. 診断の真の効用

  6. スマホでお客様と繋がる