が~ん科めぐり

先日、高校生の我が子が、
あろうことか修学旅行中に、
眼の痛みから現地で眼科を受診。
診察結果は「角膜潰瘍」というもので、
しばらくはコンタクトレンズ禁止。
旅行から帰宅後には、
地元の眼科に通院するようにとのことだったので、
早速、昨日の夕方、
眼科と小児科が併設されている
近所の医院(車で5分の場所)へ向かいました。

さて、受付でこれまでの経緯を伝え、待機していたら、
看護士さんが申し訳なさそうにこんなことを言いにきました。

「実は眼科の医師が来週退職し、
 眼科はしばらく診察ができなくなります。
 今日だけ受診はできますが、継続して通院はできません…
 どうなさいますか?」

あまりの予想外な展開に、
思わず「なぬ!?」と呟いてしまいました。

しょうがないのでお断りして別の眼科へと急ぎます。
ラッキーなことに、そこから車で10分足らずの場所に、
別の眼科があるんです。
眼科の診療時間って大体夕方6時終了なのですが、
まだまだ余裕!

ところが、到着してみると…
第2の眼科には、ひと気がない。車も無い。

ga-nn

どうやら臨時休診のようです。
あわてて第3の眼科へと向かいます。
こちらもそう遠くはない場所にあります。
念のためHPでその眼科の診療時間を確認したところ、
なんとかギリギリで間に合いそうでした。

さあ、目論見どおり時間ギリギリで到着。
今度は駐車場に何台も車が停まっている!絶賛診療中だ!
と思いきや…眼科の入口ドアが開かない…。
ドアに貼ってある診療時間案内で確認してみても、
時間内なのに。

しばし子供と立ち尽くしていると、
私たちに気付いた看護士さんが、
どうしました?と鍵を開けて出てきてくれました。
事情を話すと、明るくこんなことを言われてしまいました。

「確かに診療時間ではありますが、
 受付終了時間(夕方5:30)は、過ぎちゃってますね。
 また明日きてくださいね~♪」

まあ当然といえば、そのとおり…。
飲食店だってラストオーダーは30分前だったりしますからね。
しかし、ホームページにちょっことそれも書いといてくれたら、いいんでないかなぁ…
そんなことを思うのは、私の職業柄でしょうか。

夕暮れ時、が~ん科めぐりのお話でした。


関連記事

  1. 連想することは人それぞれ

  2. 年末年始の通信障害

  3. ツイッターDM140字以上もOKに

  4. すごい情報網

  5. パソコンは寒さにも弱い

  6. 「検索バカ」は使いよう、だけど…