晴天の正午が狙い目!

今日は久々にスカッとした晴天。
「よしっ!やった!」
と思わずひとりガッポーズをしてしまいました。
喜んだ理由は、
お客様からご依頼を受けていた会社の社史に使用する写真を、
ようやく撮影できるチャンスがやって来たから。
撮影が必要なのは、社屋の外観写真です。
社屋手前の駐車場に車が停まっていない時、
つまり会社の休業日で、
かつ晴天に恵まれなければ良い写真は撮れません。
今日はすべての条件が揃った
絶好の日だったのです。

image
※これは私が撮影してた写真ではありません

さて、印刷物に使用する写真は、
ホームページに掲載する写真よりも
解像度の高いものが求められます。

パンフレットやチラシなど、
折角かっこいいデザインで作成しても、
配置された写真が粗かったりすると、
クォリティがガクンと下がって見えてしまいます。
かといってすべての写真を、
プロカメラマンに依頼して用意するというのは、
特に小規模の事業者さんでは、
予算の都合で難しいことが多いでしょう。
そこで私がかり出されたりもするわけですが…
最近はカメラの性能もよくなっているので、
素人でも(プロにはかなわないまでも)
なんとか使用に耐えうるモノが撮れます。

今回の外観写真の場合、
フォトレタッチで電線をけすとか、
色味調整を加えることは可能ではあります。
しかし、やはり大元の写真が
よい条件で撮れているのが一番。
今日のような晴天で、
光の具合が丁度良い正午がベスト!
無事に撮れて、ホッと肩を撫でおろしました。

さぁて、電線消さなきゃ!


関連記事

  1. 感情はすぐには変えられないが行動は変えられる...はずだ。

  2. クルマもハッキングされる時代

  3. 聞いてる?愛される理由

  4. お豆腐屋さんもロケット開発者も

  5. 「検索バカ」は使いよう、だけど…

  6. 心配なんですけど