中小企業、個人事業主様の身近なIT活用相談窓口。販売促進や業務改善、各種販促ツール制作(ホームページ制作、チラシ等)のことならポイント・フォワード(愛知県岡崎市)

「物流」にも目を向けよう

今月末で、ヤマト運輸の「クロネコメール便」が廃止されるそうです。
→参照:ヤマト運輸のニュースリリース「クロネコメール便の廃止について」
代替の新サービスも用意されているということですが、
新サービスはこれまでのメール便よりも若干高めの料金設定です。
(法人向け新サービスのDM便は相対価格になるそうですが)
ご商売でメール便を利用してきた方にとっては、
物流コストUPとなりそうで頭が痛いですよね。

さて、ご商売をされていると、
当然ながらまずは売上アップのための営業や、
商品やサービスの充実、開発などに注力しがちですが、
ご商売の内容によっては「物流」も事業に大きな影響を与えるものです。
戦争の際にも「兵站(へいたん)」の良し悪しが勝敗を大きく左右することが、
数々の歴史の中で証明されていますが、
この兵站に似た要素を持つ「物流」も決してあなどれません!

butu

例えば、ネットショップ販売をするのであれば、
送料が無料かどうかは(また有料でも費用の高低によって)、
商品の売れ行きにも関わってきます。
かといって送料を自社で負担すれば、
売上はUPしてもコストUPで利益は減ってしまいますよね。
商品のお届け品質や納期の厳守、受注・発送スタッフのトラブル時の対応等で、
お客様のリピート率も変わってきます。

また、人件費や受注システムの利用料、商品保管のための倉庫費用、
梱包資材の費用等々、物流に係るコストは積み重なれば大きな負担となりますから、
検証し見直し改善することを怠るとえらい目にあいます。

私も実際に、いくつかのネットショップ運営に関わったことがありますが、
物流のクォリティを下げずにコストを抑えて運営するのは、なかなか大変なことでした。
しかし、大変ですが常に改善していかなければ、明日は無いのも事実。

こんなことを考えていたら、
タイミングよく、予約注文していた物流に関する本が届きました。

著者の千本さんは小売業と物流のコンサルタントをされていて、
中小企業診断士、通関士のほか私と同じ1級販売士の資格もお持ちです。
ちなみに、私は販売士の研修で一度お会いしたのをきっかけに
Facebookでもお友達になって頂いてます。
Facebookの投稿で今回初の著書を出されるということを知り、
興味を持って購入したという次第です。

「メーカー・卸・小売業などの物流部門に勤務されている人のための、
 戦略的な物流管理の方法を解説する入門書。
 物流リーダーは何を考え、何をすべきか?経営者動かし、
 組織を動かさなければ物流改革はできない。
 戦略的な物流部門リーダーを目指す方の必携書。」

という本の内容紹介を見たときは、
物流部門に勤務もしていないし、物流ど素人だけど、内容理解できるかしら?と
ちょっとビビっていましたが、読んでみると、入門書としてまとめらているせいか、
私などにも非常にわかりやすい内容でした。
私の興味のあるテーマ「IT」や「オムニチャネル」について触れられていたこともあり、
興味深く、届いたその日のうちに一気に読んでしまいました。

直接的に物流に関わりの無い方でも、
事業経営における物流の位置づけや重要性を知り、
最近の動向を含めた物流の基礎知識などを学ぶのに、
うってつけの良書です。

なんだか、最後は本のレビューになってしまいましたが、
「物流」って本当に大事なことだと思いました。
商売してるなら関係ないなんてことはないな、と。

また、物流を見つめ直すことで、
他分野につながる新たなアイデアが出てくることもありそうです。
普段あまり関心無いという経営者や管理職の皆様は、
一度、「物流」にも目を向けられてはいかがでしょうか?


     
Copyright©Point-Forward All Rights Reserved.