「声掛け」で振り向かせる店

名古屋駅からの帰宅途中に、
久々にJR名古屋高島屋のデパ地下に立ち寄りました。
お目当ては、帰ったらすぐ食卓に上げられる「お惣菜」。
夕方の5時近くということもあって、
予想どおり大混雑、
どんなお惣菜があるのかと、
人の人の隙間からショーケースを覗き込むのも
ひと苦労でした。

デパ地下って楽しい反面、
実際に商品購入を決めるまでが大変…
疲労感が半端ないんですよね。

あらかじめ「どの店のどの品を買う」と、
具体的にお目当てを決めていればまだしも、
ノープランで気軽に足を踏み入れると、
商品選びの段階で疲れてしまいます。

特に惣菜はグラム売りのものが多いので、
家族分を買ったらいくらになりそうかをある程度概算し予算内に収めるといった気苦労もあります。
(財布の中身を気にせず、思いのままに好きなものを購入できたら…なんて幸せでしょう)

そして、スーパーマーケットのように
セルフサービス販売ではなく
多くの店が対面販売ですから、
(混雑時は特に)
店員さんへオーダーするタイミングや、
オーダー~支払いまでの一連の流れで、
もたついてはいられないという
プレッシャーもあります。

まあ、とにかく疲れるわけです。
疲れ果てて判断能力を失い、
最終的にイマイチな商品を選んでしまうことも
結構あります。
今日も実は、段々疲れが出てきて
同じ轍を踏みかけていました。
その時です!
何なら近くから、爽やかな居酒屋の如く
こんな唱和が聞こえてきました。

「〇〇オーダーいただきました~」

「はぁーい!あ~りがとうございま~す♪」

何処からの声だ?と周囲を見渡すと、
どうやら”RF1(あーるえふわん)sozai”という
惣菜店から聞こえているようでした。

rf1
→RE1 sozai 公式サイト

人の合間から覗いてみれば、
フレッシュで目に鮮やかな色合いの
多種のサラダを中心に、
キッシュやハンバーグ、
フライものも並んでいます。
店員の皆さんもお若くてフレッシュな方ばかり。
店舗デザインもクリアで明るい清潔感ある雰囲気です。

(ああ、ここのサラダ食べたら元気になれそう)

そう思って、最初に目に留まった
“アボガドとひじきと豆のサラダ”をオーダー。
すると、店員さん。
「只今揚げたての〇〇のフライはどうですか?」と、
私の目の前にディスプレイされているフライを進めてきます。
咄嗟に(ああ、確かに美味しそう!)と感じて
追加オーダーしてしまいました。
すると、先の全スタッフによる御礼唱和が
私に向けて発せられました。

「〇〇のフライ、オーダーいただきました~」

「はぁーい!あ~りがとうございま~す♪」

なるほど、お勧めされた商品を買うと、
この声が掛かるというわけのようです。

ちなみに、こちらの店員さん、
後からきた客に
「次にご注文承りますので、少々お待ちください」
と声を掛けるタイミングも絶妙でした。

声掛けひとつで、
客を振り向かせることも、
客の商品選びをサポートすることも
できるという、好例だと思いました。
当然、客の満足度も高いはずです。

後から思えば、
他店にも似たようなフライやサラダはあったんです…
デパ地下という競争激しい売場の中で、
選ばれるためには、
「声掛け」も重要な要素ということでしょうね。


関連記事

  1. あなたもプロフェッショナルに。

  2. なんでもないようなことが…

  3. 人材確保の方法

  4. 動画で見える化

  5. がんばれ!WEB担。

  6. 変わらぬお声にびっくり!