まずは、認めることから

本日、Facebook社が、
iOS版Facebookアプリの大量のバッテリー消費を認め、
その点を修正したアプリをアップデートしました。
もともとは、複数のユーザーの検証により
以前から指摘されていたことだったそうですが、
制作側がユーザーの指摘を認めて再検証し
改善に活かした点は、信頼がおけますね。
私も早速アップデートしました。
今のところそれほど変化は…感じていませんけど。

また、最近ではマンションの土台を支える杭が、
設計どおり打ち込まれていないことが発覚し、
問題になっています。
こちらは、ようやく検証と改善策の検討が始まったばかりで、
アプリのように即改善・解決とはいきそうにありません。
しかし、まずは問題が在ることは、はっきりしましたね。

さて、誰でも自分の非やマイナス面なんて
認めたくないものだと思います。
自分だってそうです。
時には、それを認めてしまえば
大きな責任が発生してしまうことも
態度をかたくなにしてしまう一因でしょう。

2687842

しかし、何かを改善・解決しようと思ったら、
まずは、問題点や失敗、不具合などが、
「そこに在ること」を認めなければなりません。
これって、個人はもちろん、
商売をやっていくうえでも大切なことだと思います。
さて、ご商売をされている皆さん、
認めたくないから見ないふりをしていることや、
周囲の指摘を受けているのに放置していることは
ありませんか?


関連記事

  1. 楽しく経営センスを鍛えよう!

  2. ひたすら素描を積み重ねる

  3. 恐怖のマジボケ

  4. 売上金額以外にもチェックしたいこと

  5. 届け現場の思い

  6. やめてくれ!万引き。