聞いてる?愛される理由

「ねえ、僕の(わたしの)どこが好き?」

な~んて、
誰かに聞いてみたことはありますか?

bsPAK86_cyottomimikashite20140321

このような問い掛けは、
何も恋人同士が愛を確認しあうときばかりでなく、
ビジネスの場でも、大いに活用すべきだと思います。

勿論、表現のニュアンスは少々変わりますが、
遠慮したり恥ずかしがったりせずに、
自分のお客様や取引先に対して、
こんな風に問い掛けてみてはいかがでしょう。

「なぜ、どんなところが気に入って頂いて
 わが社(わが社の商品またはサービス)を
 選んでくださったのですか?」

返ってくる答えは様々だと思いますが、
きっと、どの答えも今後も良好な関係を保つために、
さらに良好な関係を築くための、
大きなヒントになるはずです。
面と向かって直接おたずねするのが困難な場合には、
相手の表情や行動から見て取れる情報の範囲でも、
推測してみてはいかがでしょうか。

なぜ、私がそんなことをお勧めするかといいますと…

・どこに満足し、何を期待してくれているのかがわかれば、
・そのポイントを外さない商品・サービスを提供すれば、
効率よく顧客満足度を向上することができると考えるからです。

また、お客様が求めていない、
むしろ「不要」と感じられているようなサービスを、
良かれと思い一生懸命提供し、かえって不興を買うような、
残念な事態の発生も防げます。

せっかく縁あって、一時は良い関係にもあったのに、
いつの間にか相手の心は離れ、お別れ…
そうなってから、後を追いながら

「私の何が悪かったの?何が嫌だったの?」

そう思っても後の祭りというものです。

良い関係にある時は、
いつまでもその関係が続くと錯覚して、
問い掛けることを忘れてしまいがちなのですが、
関係が切れてしまう前に、
ぜひぜひ、教えてもらいましょう。
お客様との愛を育むために♪


関連記事

  1. 誤解を招く〇〇

  2. サービスレベル管理でトラブル防止

  3. 組み合わせ力

  4. 「待ってろよ!」と叫ぶ成功者

  5. ITシステムで勝てないときは

  6. 「五感」に訴えて伝える大切さ