最後まであきさせない工夫

連日の暑さに耐えきれず、
ついつい冷たいものばかり戴いてしまう今日この頃。
アイスクリーム、シャーベット、アイスコーヒー…
そして、冷菓の横綱「かき氷」!

先日は、地元の喫茶店の「黒蜜きなこ氷」を試してみました。

koori

これが、予想以上によかった!

黒蜜・練乳・きなこのシロップのお味はもちろん、
“わらびもち”がトッピングされていて、
味の変化を愉しめます。
そして、てっぺんから食べ進めると、
氷の山の中腹あたりで、
小豆味のアイスクリームと出遭えます。
このアイスクリームと
裾野のあまりシロップがかかっていない
かき氷の部分をコラボさせることで、
最後まであきずに完食でき、
とても満足度の高い一品と感じました。
また、全体の量が小ぶりだったのも、
丁度良かったのかもしれません。
そのためか、食べ終わった直後に、
メニューに並んでいた
紫芋味やらクリームチーズ味のかき氷を見て
「次回は、どれを食べに来ようか」とまで、考えてしまいました。

さて、昔ながらのかき氷は、というと、
最初の2~3口は非常に美味しく感じるものの、
どうしても味が単調になりがちです。
また、量も一人で食べるには大きく、
最後のほうでは、身体が冷えすぎてしまって、
「もう当分いいや~」
と思ってしまうこともしばしば。
頭がキーンとなったり、
周りに氷をこぼしながら豪快に食べるのも
勿論、定番の感があってよいのですが、
最近あちこちで見かける
飽きさせない・満足度を高める工夫のあるものの方が、
お客様に、また足を運んでもらいやすくて
商い的には成功作だと感じます。

皆様のご商売で販売されている商品やサービスは…
さて、どちらのタイプでしょうか?


関連記事

  1. 買物費用を減らし売上UPにつなげる

  2. マッチポンプ商法

  3. 海外へ販路開拓&販売促進

  4. 変えてみる足してみる

  5. BCPといったら大袈裟か

  6. 普段の様子が想像できた瞬間