SSLサーバー証明書

『SSLサーバー証明書』ってご存知ですか?

「なんとなく聞いたこと、見たことはあるな~
 その証明がついているWEBサイトのほうが安全なのかな?」

そんな認識をされている方も多いと思います。
SSLとは、ネット上でやりとりされる情報を暗号化する技術なので、
確かに暗号化されていない状態よりは安全性は高まりますね!

ssl

「盗聴・なりすまし・改ざん・否認」これらの危険性を回避するために有効なのがSSLサーバ証明書です。
SSLとはインターネット上でやりとりされる情報を暗号化し第三者によるデータの盗聴・改ざんを防止する技術のことです。万が一、情報が盗聴・傍受されても、暗号化されているため中身を解読することはできません。
ID・パスワードやクレジットカード情報など他人に知られたく無い大切なデータを安全にやりとりする事ができます。
大切なデータを守るだけではなく、SSLサーバ証明書を導入することでお客様が安心感を持って利用していただけるという利点もあります。さくらインターネット公式HPより引用

クレジットカード情報等、大切な個人情報取り扱う
ネットショップや企業サイトなどのURLを見ると
「鍵のマーク」がついていることが多いと思います。
これが、SSLサーバー証明書を取得して暗号化技術を
取り入れている印といったところです。

じゃあ、どこのサイトもこの証明書を取得した方が良さそうに思いますが、
取得には、それなりのコストが必要となります。
SSLサーバ証明書サービスを提供している会社にもよりますが、
年間2~8万円ぐらいのコストが掛かります。
なので、お問い合わせフォームなどを設置している
企業サイトでもSSLを導入していない場合も多いです。

さて、そんな企業サイトをお持ちの皆様に朗報!
先日「さくらインターネット」から、
お値打ちにSSLサーバー証明書が導入できるプランが発表されました。
(実は、弊社も早速申込みしました…)
→ジオトラストのラピッドSSL
コストは年間数千円ですから、
未導入の方は、検討されるのも良いかも知れませんね。


関連記事

  1. 自販機にはできないことをしよう

  2. 「ポケモンGO」日本でも配信開始

  3. ワンコをプロデュース

  4. 人は、見たいものを見るけれど。

  5. SNSで再発見

  6. 花で売上アップ!