師走に思うこと

師走ですね。
「師」というほどの者ではありませんが、
私もあれこれと走り回っております。

年末年始に向けて、イベント、キャンペーン等々
WEBサイト更新のご依頼が頻発する時期です。
しかし、日中は中々手がつけられないことも多く
夜ナベして対応…といった状況。

本日も日中は、
客先の年賀状づくりのフォローやパソコンのメンテナンス、
ライティング代行などに、ひとっ走りしてきました。

ran-smile

なんだかんだで、
「そんなこともやってるの!?」と、いわれそうな
細々としたお仕事もお受けしております。

さらに客先訪問時には、
予定していなかったサポートを求められ、
とほほ…という場面も多いのですが、
これにも可能な限り対応させて頂いております。

どんな形であれ、声を掛けて笑顔で迎えて頂けるのは、
大変ありがたいことだと思っています。

なぜ、私がそう思えるのか。
それは、過去に耳にした次のような言葉を思い出すからです。

「また今月も来やがったか。俺、あいつら嫌い!偉そうに!」
(飲食店チェーンの店長の一言)

「あの先生が来るようになってから、資料作りが増えただけで結局何もよくならない」
(ベテラン事務員さんの一言)

「いろいろアドバイスしてくれるんだけど、ダメ出しが多くて落ち込むなぁ」
(とある中小企業の社長の一言)

ちなみに、発言された方たちは、いずれも普段は勤勉・温厚・協力的な方。
だからこそ、衝撃を受け、何年たっても忘れられない言葉となりました。

こんな風に言われるコンサルタントにはなりたくないな、と…。

業務効率や売上を上げるためのお手伝いはもちろんですが、
私は、『お客様の口角も上げられるような仕事』をしたいと思っていますので
ぜひお気軽にお声掛けください。


関連記事

  1. 「抽選」や「おまけ」の販促効果

  2. 持つべきものは、〇〇っ子!

  3. 「検索バカ」は使いよう、だけど…

  4. 言わなきゃわからないのに…

  5. どえらい女子の正体は?

  6. 活用できたらいいな…と思っている方へ