Windows10へアップグレード

7/29から無償アップグレードの提供が始まった
Micorosoft社の最新OS「Windows10」。
Windowsパソコンユーザーの皆さんは、
もうアップグレードされたでしょうか?

私は、早い時期に1台のみ
試験的に実施しようと考えていたのですが、
日々バタバタしているうちに、
すっかりそんなことは忘れておりました。
しかしなぜか昨夜、Micorosoftからの
ポップアップメッセージに促され、
何となくWindows8.1から10へと
アップグレードを始めてしまいました。
もう、初期の不具合も落ち着いてきたころだし、
いいいか、やってしまえ!という感じ。
(疲れていて思考力が鈍っていたんですね)

さて、噂にはきいていたのですが、
このアップグレード作業の
まあーーーー時間がかかること!
まず、アップグレードに必要なファイルダウンロードに
2時間ぐらいはかかりました。
(途中で2度エラーが出たため、やり直しも含めての時間です)
そして、アップグレード実行開始から終了まで、
1時間半はかかったと思います。

そして、ようやくこんな画面にたどり着きました。

カメラロール-4890

もう眠いし面倒だから、
お勧めの『簡単設定』のボタンを
クリックしてしまいたい誘惑にかられましたが、
やはり、「情報の利用」とか「データの一部を送信すること」を、
素直に許可したくないし、
「推奨されるネットワークに自動的に接続」されるのも嫌。
『設定のカスタマイズ』をクリックして次に進みました。

カメラロール-4892

そして、ほとんどの項目を「オフ」に切り替え。

もちろん後からでも設定は変更できますが、
こういうことって最初にやっておかないと、
なかなか後からは設定画面を開かないものですよね。

アップグレードしたPCについては、
実行後、まだあまり使用しておりませんが、
ざっくりした感想としては、
8.1のときよりも使いやすく感じます。
スタートボタンが復活したおかげでしょうかね。

また、新しいブラウザ「Edge」は、
ブラウザ上で閲覧したページに、
書き込みを加えたり・部分的にトリミングしたりと、
編集を加えられるので、面白いですね。
打合せで情報共有したいときや、
調べ物をしながらスクラップを作りたい時に、
使ってもよいかな?と思いました。

そして、取りあえず使いやすくしたいということで、
隠し機能の「GodMode」も設定しておきました。
設定作業をよく行うという方は、便利ですので、
下記などご参考のうえ設定してみてはいかがでしょうか?

→「Windows 10」の隠し機能「GodMode」を使えるようにする方法(ZdnetJapanより)

Windows10の無償アップグレードができるのは、
来年の7月までということです。
ですから、アップグレードがお済でない方も、
まだまだ、あわてて実行する必要はありません。

デバイスやソフトウェアによっては、
Windows10に未対応というものもありますし、
当面は、ぽろぽろ不具合や問題点も見つかることでしょう。
特に、メインマシンとして
日々のお仕事で使用しているPCについては、
焦らず、既に実行したひとたちが提供する情報を参照したうえで、
アップグレードを実行されることをお勧めします。


関連記事

  1. 今日から始めるオウンドメディア活用

  2. たかが3兆円

  3. 広告をブロック

  4. LINEの”盗み見対策”

  5. 自社開発商品のご紹介

  6. いろんな場所に虹がかかった日