走る時に、気を付けたいこと

明日、6/1改正道路交通法が施行されます。
危険行為(下記14項目に該当)を繰り返す自転車運転者には、
安全運転講習が義務づけられるということです。

・信号無視
・通行禁止違反
・歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
・通行区分違反
・路側帯通行時の歩行者の通行妨害
・遮断踏切立ち入り
・交差点安全進行義務違反など
・交差点優先車妨害など
・環状交差点安全進行義務違反など
・指定場所一時不停止など
・歩道通行時の通行方法違反
・ブレーキ不良自転車運転
・酒酔い運転
・安全運転義務違反
警視庁ホームページを参照

私は、普段あまり自転車に乗ることはないのですが、
自動車を運転している時や、歩道を歩いている時など、
これまで、傍若無人に駆け抜ける自転車に、
ヒヤっとさせらることは何度となくありました。
自動車で一旦停止しているところに、
スマホ片手に前方を全く見ていなかった自転車に、
横から衝突された、なんていう経験もあります。

bike

自転車は、特に高校生などの若者を中心に、
不注意かつ無茶な運転をする人が多いように感じます。
まさに怖いもの知らずな運転です。

しかし、かくいう自分も高校生の頃は、同様でした。
免許をとって自動車を運転するようになり、
ようやくその危うさに気付いたように記憶しています。
異なる立場(歩行者、自動車の運転者など)や角度から
見つめ直して、初めてわかるんですよね。
これは、自転車の運転に限ったことでもなさそうです。
走る時には周囲の立場に立って、注意・配慮が必要!
私も気を付けたいと思います。


関連記事

  1. すごい情報網

  2. 子豚を仕入れた場合

  3. ビスケットのレシピを送った理由

  4. 規律正しく・模範的な女子中高生、ここにあり。

  5. 本気で信じる力

  6. 女傑ドラマに想う