伸びない当たり

背中が…痛い…
筋肉痛でバキバキです…。

その原因はというと、
昨日バッティングセンターで
久々にバットを振ったから。
しかし、たった2ゲームなのですが…
日頃の運動不足がたたったようです。

さて、自分なりの感触としては、
120㎞台の球でも
まずまずバットに当てることはできたし、
高低の変化にもついていけていたと思います。
でも、なんかスカッとしない、
芯でとらえきれていない
伸びない当たりがほとんどでした。

baseball-player-583655_640

ところで今回、わが子も一緒だったので、
スマホのカメラを使い背後から自分の
バッティングフォームを録画してもらいました。
そして、後から動画を再生してみて、
愕然としました。

なんと、ひどいフォーム!
下半身(見た目しっかりしているのに)はガタガタ。
身体の中心軸はブレブレ。
振り切った後のフォームは、
毎回バラバラで、なんとも情けない姿でした…。

これで打球が伸びるわけもないなぁ、と、
あらためて反省。
これでは成果もでなければ、
会心の思いも味わえません。
やはり、日々、基本を押さえてトレーニングすることと、
客観的にチェックすることは必要なんですよね。

さて、これって、経営においても、
まったく同じことがいえるのではないでしょうか?
日々の営業、接客、販促、店づくり等々、
あちこちで軸はブレていたり、
一度は体得した型がいつの間にか崩れてはいないでしょうか?

取りあえず、日々そこそこ当てとけば良しとして、
本来なら、この先まだまだ伸ばせる可能性をつぶしていないでしょうか?

ぜひ、客観的に観られる機会を作っておきたいところですね。

その方法は、定期的なセルフチェックでもよし、
お客様へのアンケートという形でもよいと思います。
また、思いきって外部の誰かに観てもらうのも一手です。
それにより、新たな視点から見逃していたことに気付くこともあるでしょう。
弊社でも、そのお手伝いはできると思います。
最近伸びない当たりが多いな…と感じたら、
どうぞお気軽にご相談くださいね。

→初回ご相談無料


関連記事

  1. 在庫の山が宝の山に

  2. それ、ホントに必要?

  3. 2位でもアピールできる。

  4. マッチポンプ商法

  5. 知ってる?今日から「〇〇週間」。

  6. 何を使って伝えるか