愛人は変態揃い

本日のブログタイトル‥
もちろん、リアルな愛人の話ではありませんので、
関係者の皆様(誰?)ご安心ください!
深夜の投稿なので、余計に怪しげでした。
すんません。
万一いたとしても、多分ここで発表はしませんね。
きっと!

プライベートで艶っぽい話とは無縁な私。
当然ながら、愛人なんて持ったことも無ければ、
自分が囲われたこともありません。
愛人願望なんかも、生まれてこのかた皆無です。

でも、最近‥

「もしかしたら、複数の愛人を持つ人の心理状態って、こんな風なのかも?」

ふとそう思うことが度々あるのです。

気づけば、お客様のことを考えています。
朝はAさん、昼はBさん、外出したらCさん‥といった具合に、
ひとりでは無く複数のお客様のことが次々と思い出されるのです。
そして、想う対象をひとり(1社)には、絞れない。

何かを目にすれば、

「あ!あのA社長にコレをぜひお伝えしたい」

「コレは、B社の〇〇さんが好きそうなものだ」

なんて思いますし、

「前回連絡を取ってから、アノ件はどうなっただろう?お困りではないかなぁ?」

「お悩みだったアノこと、うまく好転しただろうか?元気出たかなぁ?」

と勝手に案じたりもしています。

そして気づけば、時間が無くてもちょっとした合間に、
メールやSNSなどで、コンタクトをとりたくなってしまう。

また、会っている時はその人が一番だと感じるけれど、
実は一番は決められない。
みんなそれぞれ違う魅力や強みがあって、
ついつい惚れ込んでしまう。
リスペクトもすれば、
何か働きかけて、喜ぶ顔を見たくもなる。

どうでしょう?
愛人を複数持つ人もこんな思いで日々を送っているのでは?
あくまでも推測でしかありませんけど。
(実際に経験のある方は、ぜひご意見をお聞かせください。秘密厳守しますので)

さて、先日、
ある新規のお客様との初回打ち合わせがありました。
その中で、社長が、こんなことをおっしゃいました。

「自分はこの業界では、変わり者。変態なんだ」

-shared-img-thumb-OZPA_kuroipinhirudehumareru_TP_V

確かに、お話を伺うにつれ、
開業の経緯から技術へのこだわり方まで、
かなりその業界のなかでは異質だと感じました。

そういえば、私の中で、擬似愛人化するお客様は、
この手の個性的な方が多いような。。。

いわゆる普通の人たちから、

「そんな挑戦は無茶でしょ?」
「普通は、そんなやり方はしないよ」
「なんで、そんなことにこだわるの?」

と言われそうなことをしたり、
発想や行動が独特だったりするんですよね。

もちろん全員ではありませんが、
長く愛人化するお客様は、大体こういう「変態タイプ」。
このお客様にもすっかり惚れ込んでしまいました。

さて、類は友を呼ぶというのでしょうか。
私も子供の頃から、
ずっと変わった人と言われてきました。

その昔、飛び込み営業先で、
第1号のお客様になってくれた某建設会社の社長夫人も、
第2号の某卸売業者の社長も、

「あんたは変な人だけど、なんか信用できる」

と言って、取引先を何件も紹介してくださったものです。
変わり者、万歳!

というわけで、
弊社では、世の中から変態扱いされる社長だって
よろこんでサポートさせていただきます。
いや、むしろ変態を全力で応援します!

どうぞ、ご遠慮なく、何なりとご相談くださいね。


関連記事

  1. 女傑ドラマに想う

  2. 発表会で”湯あたり”

  3. 漫画のパワー

  4. あと3日。知っておきたいこと。

  5. 持つべきものは、〇〇っ子!

  6. ドルフィンスルー