アナログ人間でした!(後編)

タイピングになんとか困らない程度のスキルしか持たない人間が、
(これからはこの業界が伸びそうだし、給料も良いから…という理由で)
中小のITベンダーに営業職として転職することになりました。

いくら営業職とはいえ、採用は難しいかと思われました。

しかし、面接官から
「コンピュータを使うと何が便利になるかを、お客様に伝えられれば問題ない」
と言われ、あっさり採用されたのです。
(バブル期でしたから、とにかく人手を確保したかったのかもしれなせん。)

ところが実際に仕事を始めてみると、そんなわけにはいかず…
社内では、システム部門の同僚や上司からお叱りを受けながら、
営業先では、お客様に呆れられながら、様々なことを教えて頂き、勉強する毎日でした。

その後も、結婚や出産等を転機に様々な職を経験し、それらすべてが「ITを活用した販売促進や業務改善」に関する知識と経験を得ることにつながっていきました。
いずれの勤務先でも上司や同僚、クライアント様に恵まれ、多くのことを学ばせて頂いたことに、とても感謝しています。
そして仕事を通じて「やり遂げる」「成果が出る」「喜んで頂ける」感動を体験させて頂いたことが、私が今の仕事を始めるきっかけであり、原動力にもなっています。

これからもクライアント様をはじめとする弊社のステークホルダーとともに感動を共有し、ともに成長し続けられる存在でありたいな、と願っています。


関連記事

  1. どんな夢をみるか

  2. 近代中小企業8月号に掲載されました

  3. 謹賀新年&新事務所開設のお知らせ

  4. 納まらない年末

  5. アナログ人間でした!(前篇)

  6. 楽しく経営センスを鍛えよう!